Now Loading...

Now Loading...

札幌大学の取り組み

札幌大学・札幌大学女子短期大学部50周年記念ロゴマーク

札幌大学および札幌大学女子短期大学部は2017年と2018年にそれぞれ創立50周年を迎えます。これを記念し、札幌大学、札幌大学女子短期大学部および札幌大学大学院が団結し、次の50年を目指し歩んでいくという思いを込め、50周年記念スクールカラーとロゴマークを定めました。

50mark01

50」に「+」を付記し、50周年を遥かに越え、「100年大学」を目指そうとする本学の決意を表しています。

シンボルマークは、様々なチャレンジに全学一丸となって取り組む「統合」の意志を表現するため、「∫」(インテグラル)をモチーフとしています。
「∫」は、17世紀末にドイツの数学者、ゴットフリート・ライプニッツによって発表された数字の積分記号で、その形状は「Sapporo University」「Sapporo City」「Students」の「S」に通じます。これは、「札幌大学の統合」「地域との一体化」「学生の連帯」の象徴ともなり、本学の目指す方向性を示すものとして相応しいと考え、シンボルマークのデザインに採用しました。

スクールカラー

パノラマブルー【大学】
 パノラマブルー
北海道の澄みわたる青空を象徴し、天空が近くに見える西岡、羊ヶ丘の情景を連想させます。
ミントグリーン【女子短期大学部】
 ミントグリーン
冷涼の大地を青々と覆いつくす北海道の草原の生命力を象徴し、緑豊かな西岡、羊ヶ丘の魅力を連想させます。
ボラリスブルー【大学院】
 ポラリスブルー
北極星が輝く北海道のさえ切った夜空を象徴し、深海をも連想させる深い蒼色は学問を深く耕す大学院を象徴します。