Now Loading...

Now Loading...

NEXT50

NEXT50

1967年に開学した札幌大学は、2017年、創立50周年の節目の年を迎えます。
“NEXT50″では、「次の50年」へ向け、新たなステージへと歩み始めた札幌大学の新たな一面を動画を通じてお伝えしていきます。
多彩な学びを中心に、様々な場面で活躍する学生のキャンパスライフなどを紹介していきたいと思います。

英語専攻 齋藤周太さん (札幌大学 X-SPORTS部)

初めにご紹介するのは、英語専攻の齋藤周太さんです。
齋藤さんは、全国でも珍しいスノーボード・サーフィン・スケートボードなどのヨコノリ系スポーツに取り組む「X-SPORTS部」に所属。X-SPORTS部でも初となる”スケートボード特待生”の一人です。
スケートボードの本場・アメリカの文化にも触れてみたいという齋藤さんは、留学を目指し、英語の語学力アップにも真剣に取り組んでいます。
将来は海外へも目を向ける齋藤さん。
そんな充実した毎日を送る齋藤さんのキャンパスライフをご覧ください。

札幌大学 英語専攻についてはこちら
札幌大学 X-SPORTS部についてはこちら

英語専攻 山村紗也乃さん、卒業生 平井千恵子さん

第二弾としてご紹介するのは、英語専攻の山村紗也乃さんと卒業生の平井千恵子さんです。
山村さんは、海外の人と話ができるようになりたくて、ネイティブの教員や海外からの留学生が多く、英語学習の環境に恵まれた札幌大学の英語専攻を選びました。
英語学科(現・英語専攻)を卒業し、京王プラザホテル札幌に就職した平井さんは、英語での映画製作を通じて協調性と英語力を高めるゼミに所属。海外留学の経験なども活かして現在、ホテルウーマンとして活躍しています。
二人のキャンパスライフをご覧いただければ、英語専攻の魅力が伝わるのではないでしょうか。

札幌大学 英語専攻についてはこちら

スポーツ文化専攻 教職課程 三浦歩都貴さん、卒業生 宮上和也さん

第三弾は、スポーツ文化専攻の教職課程(保健体育)をご紹介。
バドミントンの特待生として入学した三浦歩都貴さんは、特別支援学校(保健体育)教員採用試験に現役合格。共に教職課程で勉強に取り組んだ仲間と親身に教えてくれる先生方の存在が大きかったそうです。
北海道ニセコ高等学校で保健体育の教員として活躍する宮上和也さんも札幌大学の卒業生。大学時代、柔道部キャプテンとして全道大会団体優勝の実績もある宮上さんは、高校時代の恩師のように人に影響を与えられる人間になりたいと、教師の道を選びました。
部活にも、教員採用試験に向けた勉強にも、全力で取り組んだ二人の姿からは何事にも真剣に取り組むことの大切さが感じられます。

札幌大学 スポーツ文化専攻についてはこちら