Now Loading...

Now Loading...

50周年記念事業

50周年記念事業

このイベントは終了しました

記念式典・祝賀会

img_shikiten

創立50周年を記念し、記念式典・祝賀会を開催致します。

<日程>
2017年11月11日(土)
<場所>
ロイトン札幌
〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西11丁目

式典 会場:リージェントホール 2階
開演:17時~
祝賀会 会場:ロイトンホール 3階
受付開始:17時30分~
開場:18時~
開演:18時30分~

大学祭

このイベントは終了しました

img_fes

札幌大学・札幌大学女子短期大学部では6月24日(土)、25日(日)の両日、第50回大学祭第42回文連祭を開催します。
今年は札幌大学が創立50周年を迎えるという記念の年での開催となります。「GOING!–さらにその先へ−」をテーマに掲げ、二つのイベントの合同開催によるさらなる盛り上がりを目指します。

札幌大学 大学祭についてはこちら

ホームカミングデイ

このイベントは終了しました

homecomingday_headimg

卒業生の皆さまにご参加いただけるイベント、札幌大学ホームカミングデイをオープンキャンパス、大学祭と同日に開催致します。
大学生活の思い出が刻まれたキャンパスにふたたび足を運んでいただき、にぎやかなお祭りの雰囲気をお楽しみいただくと共に、大学の今に触れ、恩師や同窓生、教職員と共に、旧交を温めていただくことを目的としています。

開催要項

日程 2017年6月24日(土)
時間 12:30〜18:30
場所 札幌大学(受付:2号館3階プレアホール前)
参加費 入場無料
プログラム
  • 12:30 ・受付
  • 12:40〜13:10 ・校友ガイダンス
    ・「札大の今を語る」 小山 茂 教授
  • 13:30〜 ・キャンパスツアー (オープンキャンパス学生スタッフがご案内します)
    ・札大50周年編纂企画(パネル展示等)
    ・大学祭見学等
お問い合わせ 札幌大学 学生支援オフィス学生担当
TEL.011-852-9146
MAIL. gakusei@ofc.sapporo-u.ac.jp
  • homecoming_img02
  • homecoming_img02
  • homecoming_img02
  • homecoming_img02
  • homecoming_img02
  • homecoming_img02
  • btn_oc
  • btn_fes

ユニフォーム制作

img_uniform

創立50周年を迎える今年度、教育職員、事務職員、在学生、卒業生をはじめとする本学関係者全員が100年大学を目指す「次の50年」に向けた歩みのために、新しいシンボルマークとスクールカラーを広く社会へ周知することを目的とし、学生が広告塔の中心となるべく、課外活動団体へのユニフォーム作成に関わる助成を行うものです。
これは、シンボルマークのモチーフとなっている【∫】の「様々なチャレンジに全学一丸となって取り組む“統合”の意志」を社会に向けて更にアピールする絶好の場ともなり、加えて一新されたユニフォームで活動を行うことが各団体の士気高揚に繋がり、その結果として競技成績の向上が図られることも期待できます。

札大×山口昌男プロジェクト

img_yamaguchi

今年創立50周年を迎えた札幌大学では、我が国の文化功労者でもある故山口昌男元学長(以下、山口先生)の知的営為を未来への遺産とする取り組みの一環として、山口先生の自宅の居間を札幌大学西岡キャンパスに再現する「札大×山口昌男プロジェクト」を進めています。

このプロジェクトは、山口先生のご遺族から寄贈いただいた蔵書や家具、約1万8千点を順次展示するスペースを兼ねながら、山口先生が原稿執筆に使われていたご自宅の居間を本学図書館2階に再現するものです。
このスペースは本学図書館地階に整備されている「山口文庫」とともに、現代に生きる私たちが山口先生と対話できる場所として整備するため、コミュニケーションの広場を意味する「ヘルメスの部屋」と仮に名づけられています。一般への公開開始は、今夏末から今秋初め頃になる予定です。

このプロジェクトには、山口先生のご遺族や本学関係者だけでなく、山口先生を敬愛してやまない有志の皆さん、さらには、これから「ヘルメスの部屋」を訪れ、また、山口文庫に足を踏み入れて、新たに山口昌男と深く出会うことになる未来の山口ファンまで、多くの方々の想いと期待が詰め込まれています。

札幌大学では、それらの方々にインタビューし、このプロジェクトの意味や社会的な意義について、それぞれが想い、期待することをうかがってまいります。その内容についても追ってリリースさせていただきますので、是非、ご期待ください。

A61R3756
yamaguchibunko

スペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還――山口昌男と書物の精神」

このイベントは終了しました

img_masaopj01

2017年9月15日(金)、札幌大学図書館2階に「ヘルメス」がオープンします。
これは、世界的文化人類学者でもある故山口昌男元学長(以下、山口先生)の知的営為を未来への遺産とする取り組みの一環として、山口先生の自宅の居間を本学図書館内に再現する「札大×山口昌男プロジェクト」のもと整備されたものです。

新しく誕生したこのスペースには、山口先生のご遺族から寄贈いただいた蔵書や家具、約1万8千点を順次展示し、「知の巨人」とも評される山口先生と対話できるコミュニケーションの広場となることから、「ヘルメス」と名付けられています。
山口先生の蔵書約4万冊を収蔵し、本学図書館地階に開設されている「山口文庫」とともに、学生のみならず多くの方々に訪れていただければと願っています。

また、「ヘルメス」の完成に伴い、文化人類学者・今福龍太氏と詩人・吉増剛造氏によるスペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還――山口昌男と書物の精神」を開催いたします。生前から深い交流のあった両氏から、挿話を交えながら山口先生の知と書物とのかかわりについて語っていただきます。
参加は無料ですが、事前申込が必要となります。ご希望の方は下記をご確認のうえ、お申し込みください。
また、当日は「山口文庫」も開放し(14時〜15時)、山口先生のご家族である、本学の山口拓夢教授がご案内いたします。

※本トーク・セッションは道民カレッジ連携講座「教養コース」に認定されています。

スペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還――山口昌男と書物の精神」 PDFはこちら

スペシャル・トーク・セッション「ヘルメスの帰還――山口昌男と書物の精神」
日時 平成29年9月15日(金) 15時-16時30分 (開場 14時)
場所 札幌大学図書館2階 「ヘルメス」
登壇者 今福 龍太(文化人類学者) 吉増剛造(詩人)
定員 70名(事前申込・先着順)
申込み方法 氏名、年齢、電話番号を記載したメールをお送りください
問合せ・申込先 札幌大学学術交流オフィス(図書館) 
E-mail: toshokan@ofc.sapporo-u.ac.jp (担当:小野)

札幌大学創立50周年記念講演会

札幌大学創立50周年記念講演会(1)「ファシリティマネジメントとまちづくり」

このイベントは終了しました

ファシリティマネジメントとまちづくり

今年、創立50周年を迎えた本学では、50周年記念事業としてさまざまな企画を実施しています。この一環として、全2回の創立50周年記念講演会を開催します。
第1回目は、9月29日(金)に「ファシリティマネジメントとまちづくり〜歴史ある建物を活かしたまちづくり〜」をテーマに、一般社団法人北海道ファシリティマネジメント協会最高顧問の沖塩荘一郎氏と、総務省自治財政局準公営企業室長の伊藤正志氏をお迎えし講演いただきます。

入場無料、事前申込不要(定員480名)ですので、ご希望の方は当日、直接お越しください。

札幌大学創立50周年記念講演会(1) PDFはこちら

札幌大学創立50周年記念講演会(1)「ファシリティマネジメントとまちづくり」
日時 平成29年9月29日(金) 13時〜16時(12時〜受付開始)
会場 札幌大学プレアホール(2号館3階)
プログラム

◯ 講演1
「ファシリティマネジメント〜成果を挙げている事例を通して〜」
講師 沖塩荘一郎 氏(一般社団法人 北海道ファシリティマネジメント協会最高顧問)

◯ 講演2
「公共施設等の総合的・計画的な管理〜人口減少と財政制約を乗り切る自治体運営〜」
講師 伊藤正志 氏(総務省自治財政局準公営企業室長)

定員 480名(入場無料・事前申込不要)
主催 札幌大学
共催 公益社団法人 日本ファシリティマネジメント協会
一般社団法人 北海道ファシリティマネジメント協会
問い合わせ 札幌大学運営事業オフィス 総務担当
TEL:011-852-9102

札幌大学創立50周年記念講演会(2)「若者にとっての地方創生」

このイベントは終了しました

ファシリティマネジメントとまちづくり

10月25日(水)、札幌大学創立50周年記念講演会の第2回目「若者にとっての地方創生」を開催します。

この講演会は本学の50周年記念事業の一環として実施されており、第1回は9月29日(金)に「ファシリティマネジメントとまちづくり~歴史ある建物を活かしたまちづくり~」をテーマに開催しました。

第2回目は、元内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官の山崎史郎氏をお招きし、「若者にとっての地方創生」として講演いただきます。

また当日は、本学が実施している道内自治体とのインターンシップ取り組み事例、厚真町と新得町による自治体の取り組み事例紹介も行われます。

入場無料、事前申込不要です。

※収容定員に限りがあるため、定員超過の場合には本学学生を優先させていただきます。あらかじめご了承ください。

札幌大学創立50周年記念講演会(2) PDFはこちら

札幌大学創立50周年記念講演会(2)「若者にとっての地方創生」
日時 平成29年10月25日(水) 15時~18時(14時~受付開始)
会場 札幌大学学生立志テラス「S-wing」(図書館1階)
プログラム ①自治体とのインターンシップ取り組み事例紹介、自治体による取り組み事例紹介(厚真町・新得町)

②札大生の地域創生の取り組み(事例報告)

③招待講演、本学学生とのトークセッション
講師 山崎史郎 氏(元内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官)
定員 100名(入場無料・事前申込不要)
※収容定員に限りがあるため、定員超過の場合には本学学生を優先させていただきます。あらかじめご了承ください
主催 札幌大学
問い合わせ 札幌大学運営事業オフィス 総務担当 TEL:011-852-9102

札幌大学創立50周年記念公開講座 「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」

このイベントは終了しました

su50th_lec-thumb-300x424-10636

本学が創立50周年を迎えるのを記念し、札幌大学図書館を会場に創立50周年記念公開講座を開催いたします。

創立50周年記念事業「札大×山口昌男プロジェクト※」に関連して、「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」をテーマに、大学におかれた個人文庫にスポットを当て相互に紹介しあう全3回シリーズです。
受講料は無料ですが、事前申し込みが必要です。受講をご希望の方は下記申込方法等を参照のうえお申し込みください。

札幌大学では、地域に開かれた大学として、教育研究上の成果を広く地域住民の方々に還元することを目的に毎年公開講座を開設しています。

※この講座は道民カレッジ連携講座「教養コース4単位」に認定されています。

札幌大学創立50周年記念公開講座 PDFはこちら

平成29年度札幌大学創立50周年記念公開講座
テーマ 「個人文庫をもつ大学 その意義と可能性」

<第1回>10月11日(水)
「活きた文庫を目指して―加藤周一文庫の現在と将来」
立命館大学客員教授・立命館大学加藤周一現代思想研究センター長 鷲巣 力 氏

<第2回>10月19日(木)
「丸山眞男文庫の意義と展望:丸山研究史のなかの位置」
東京女子大学「丸山眞男研究プロジェクト」特任研究員(2015-2016年度) 川口 雄一 氏

<第3回>10月25日(水)
「山口昌男先生と山口文庫について」
元札幌大学教授・立命館大学加藤周一現代思想研究センター客員研究員 石塚 純一 氏
会場 札幌大学 図書館(予定)
時間 各回 13時~14時30分
主催 札幌大学
申込み期限 平成29年10月2日(月)必着
定員 70人 ※先着
申込み方法 往復ハガキ・FAX・Eメール
<記載事項>1.創立50周年記念公開講座申込 2.郵便番号 3.住所、4.氏名(フリガナ)、5.年齢、6.電話番号、7.道民カレッジ生のみ「カレッジ番号」を記入して下記まで申し込みください。
申込み・問合せ先 〒062-8520 札幌市豊平区西岡3条7丁目3-1
札幌大学 SUICC 『創立50周年記念公開講座』担当
E-mail:suicc@ofc.sapporo-u.ac.jp
TEL:011-852-9138〈9:00~17:00(土・日・祝日を除く)〉
FAX:011-856-8268